IGGH_107_DC56977_S

池上の町家 / Town House in Ikegami

設計 ship architecture / 中村俊哉+藤井愛
構造 鈴木啓 / ASA
施工 小泉木材

設計期間 2014年8月〜2015年2月
施工期間 2015年5月〜2015年12月
構造   木造
敷地面積 120.29㎡
建築面積 70.86㎡
延床面積 112.96㎡

住まいの環境デザイン・アワード2017 優秀賞

architect:
ship architecture / toshiya nakamura + ai fuji
structural design:Akira Suzuki / ASA
constructor:Koizumi Mokuzai

design:2014. 8〜2015. 2
construction:2015. 5〜2015. 12
structure:wooden
site area:120.29㎡
building area:70.86㎡
floor area:112.96㎡

photo:Takumi Ota
都心にほど近い住宅地に建つ木造2階建の住宅。
このあたりは門前町の名残りか、町家型の住宅や商店、町工場がところ狭しと建ち並んでおり、まちを歩いているとそれらの密集した住宅群のあいだにところどころ庭化した路地やちいさな緑地があることに気づいた。
それらは単体ではささいな小さな空間である。しかし、住む人それぞれが手入れすることで維持されてきたこのまちの風景であり、まち全体を明るく風通しのよいものにしている。ここにつくられる空間は、それら小さな路地庭の魅力を介して、まちの明るさや風景をダイレクトに感じられると心地良いだろうと思った。
クライアントは若い夫婦であり、両親や友人などが集まった際に集まれるスペースやこれからの家族構成の変化にフレキシブルに対応できることが求められた。
1階は自然光が豊かに入るように天井高があり、路地庭と地続きで感じられるように大部分の床が土間の空間とした。いろいろな高さの開口部から光や風が流れ、大きな窓をあければ路地庭とつながり半屋外になってしまうような、おおらかな環境となるように考えた。
また、大きな気積の1階から長い階段を上がりきると、ちいさな2階につづいている。2階は広い屋根庭に面しており、毎朝目覚めて光に満ちた気持ちのよい時間を過ごしたり、軒下で本を読んだり、人がつどえば気軽に宴会を開いたりできる、日常生活で幅広く使える庭となるよう考えた。
路地庭と大きな土間、屋根庭と小さな2階、これらの空間がそれぞれ自律しながらも響きあい、周辺環境の変化に左右されない強さを備えた、町家型建築の可能性を考えている。

IGGH_101_DC56919_S IGGH_104_DC56951_SIGGH_113_DC56967_S IGGH_106_DC57039_S IGGH_108_DC57015_S IGGH_111_DC56839_S IGGH_112_DC56784_S IGGH_115_DC56797_S IGGH_116_DC57064_S IGGH_118_DC57049_S IGGH_120_DC57100_S IGGH_124_DC56714_S IGGH_127_DC56683_S iggh_129_dc56719_lb iggh_130_dc57124_lb IGGH_131_DC57146_S IGGH_132_DC57156_S IGGH_133_DC36840_S