IGGH_107_DC56977_S

池上の家 / Town-House in Ikegami

設計 ship architecture / 中村俊哉+藤井愛
構造 鈴木啓 / ASA
施工 小泉木材

設計期間 2014年8月〜2015年2月
施工期間 2015年5月〜2015年12月
構造   木造
敷地面積 120.29㎡
建築面積 70.86㎡
延床面積 112.96㎡

住まいの環境デザイン・アワード2017 優秀賞

architect:
ship architecture / toshiya nakamura + ai fuji
structural design:Akira Suzuki / ASA
constructor:Koizumi Mokuzai

design:2014. 8〜2015. 2
construction:2015. 5〜2015. 12
structure:wooden
site area:120.29㎡
building area:70.86㎡
floor area:112.96㎡

photo:Takumi Ota (1,2,11-18)
庭のような路地 路地のような庭

東京 池上。
門前町の名残りか、このあたりはマンションや建売住宅のあいだに町家型の商店や木造の町工場がまだ少し残っているエリアで、まちを歩いていると、それらの古い木造建築のある場所は、不思議とすっと風通しがよくなるような爽やかさがありました。
そのわけは、古い建物のあいだにはところどころ庭化した暗渠や2項道路(路地)があり、そのささいな都市の隙間を、住む人が各々好きずきに手入れしていることで、道路や建物間の隙間が、囲われない庭として現れていて、住む人のちょっとしたおもてなしの心や、趣味の現れとして自然にまちに表出しているからなのだと思い当たりました。
そのような場所を、わたしたちはいつからか「路地庭」とよぶようになっていました。



路地庭と家

「路地庭」はそれ自体が豊かな空間なわけではなく、相対的な空間といえます。
すきま以上庭未満、すきま以上路地未満のちいさなこの場所は、関係性のなかにだけ存在します。
なので、この土地につくられる建築は、路地庭をまちと共有するような関係性を保つことでこのまちの明るさをよりダイレクトに感じ、このまちの質そのものに住まうような心地良さを考えようと思いました。
路地庭特有のちいさな身近なスケール感や個人的な世界観を再現するものではなく、あくまで路地庭を介して得られる開放感を建築化することを目指しています。



路地庭と土間

せまい路地庭を一歩ふみこむと、気積のおおきな土間につながっています。
1階土間の天高は隣家の軒高ほどあり、路地庭と室内がおたがいせめぎあうように関係していて、路地庭のどこからでもふらりと入りやすいように床の多くは土間としています。
いろいろな高さの開口部から光や風が流れて、きわめて自然体でおおらかな環境です。



バルコニーのような1.5F

大きな土間に面したバルコニーのような位置づけのフロア。
現在は住人の変化により、もっぱらアトリエ・オフィスとして使われていますが、来客時やこどもの成長にあわせて分厚いカーテンでかんたんに個室化できるようになっています。



屋根庭と小屋

この家をつらぬく長い鉄砲階段は、屋根庭へとつながっています。
屋根庭には小屋のような2Fが建っていて、ここが家族のプライベートルームです。
屋根庭は、路地庭とはうってかわって広く、暮らしのさまざまな活動の受け皿のような場所です。
野菜やハーブ・果樹を育てたり、こどもたちは水遊びに虫取り。
目覚めとともに庭に出て、朝食のための野菜を収穫。秋冬にはたくさんの果樹が実を熟します。
都市の高密度な住宅地においては、地上でゆったりとした庭をもつことはとても困難だけど「屋根庭」なら建物の大きさまるごと庭にできる。
何よりもたっぷりと陽があたり、めいっぱい庭を活用することができます。

  IGGH_104_DC56951_SDSC03754+-DSC03791DSC03787+のコピーDSC03741+-DSC03738+1DSC03768+DSC04207のコピーDSC04217のコピーIGGH_113_DC56967_S  IGGH_108_DC57015_S IGGH_111_DC56839_S  IGGH_115_DC56797_S  IGGH_130_DC57124_S IGGH_120_DC57100_S IGGH_124_DC56714_S IGGH_131_DC57146_S